Latest Entries

働く車(ウイング)

街で見かけた働く車を紹介するシリーズ。
すっかり9月、仕事に追われ子供に追われているうちに夏も終わり、もう秋の気配ですね。
最近、下の息子(2歳)が新幹線なんぞに興味を持ち始め、子供向けDVDを見ることが多くなったのですが、それに触発されたのか、上の娘(9歳)が鉄道に興味を持ち始め・・・

1728_supacia.jpg

「東武スペーシアが格好良い!乗りたい!!」何て言い出した・・・

1729_supacia.jpg

確かに・・・これだけ見てれば格好良いけどさ、やっぱり「浅い」なぁと思う・・・東武の真髄は「アーバンパークライン」、「SL大樹号」等、そのネーミングセンスとか、今なお残る8000系とか・・・そういった良い意味での北関東っぱさにあると思うワケで・・・でもこの感じ・・・小学三年生には分らんよなぁ・・・まぁ、逆に小三女子が「普通新栃木行き」の魅力、とか「葛生の先に残る廃線跡の魅力」について語られても困るが・・・普通におしゃれとかジャニーズに興味を持って欲しい・・・そんな、少し大人びてきた娘の取り扱いに困る親父が贈る、第76回目の働く車はコレ!

1731_ranger.jpg

駐車場に佇む日野レンジャー、紺色のキャブにメッキが程よく混じる、尖ったナンバー枠が、ハイルーフと共に尖った個性を主張しております。昔はハイルーフなんて本当に高値の花、だったのですが最近は大型はおろか中型トラックでも多く見るようになりましたね。
ドライバー不足の昨今、従業員満足の向上の為、豪華な車輌を導入する企業も増えております。

1732_ranger.jpg

側面の姿、アルミコルゲートウイング、一枚煽りの一方開。紺のキャブに目の覚めるようなシャシ赤。結構好きな仕様です。

1733_ranger.jpg

ホイールベース間にはステンレス製の物入れとアルミ200Lの燃料タンク。巻き込み防止装置はスチールパイプ1段。

1734_ranger.jpg

リアへまわって・・・観音式の2枚扉と跳ね上げ式のパワーゲート。

1735_ranger.jpg


ロックバーは2対。

1736_ranger.jpg

リア扉の蝶番はスチール製4対。

1740_ranger.jpg

ウイング操作ボックス、こちらもキラキラのステンレス製。

1737_ranger.jpg

リアゲート開閉のリンケージ、こちらもフレーム同様、赤に塗装され外観上のアクセントになっています。良く見るとテールも純正三連から、上下にステン(?)フレームのついた二連のランプに変更されていますね。

反対側に廻ります。

1738_ranger.jpg

反対側全景、今夏は曇りが多かった。

1739_ranger.jpg

リアオーバーハングには三連のタイヤチェーン掛けが付く。

1741_ranger.jpg

右ホイールベースの様子。
一番手前のセイコーラック(煽開閉補助装置)はアルミ製。蝶番、巻き込み防止はスチール製。
床下は・・・

1745_ranger.jpg

縦根太、横根太ともアルミ材を使用した軽量仕様。

お楽しみ、架装メーカーは・・・

1742_ranger.jpg


日野と言えばトランテックス、PRODUCED BY HINO
格好良いな、F1のPowered by HONDA とか made by PORSCHE に通じるものがある。

1743_tag-porsche-turbo.jpg

全然関係無いがこの世で一番格好良いエンジンだと思う、TAG PO1 1.5L V6TURBO。
Techniques d'Avant Garde(テクニーク・ダーバンギャルド)、TAG出資によるポルシェ製F1用エンジン、1983~87年の間、マクラーレンに搭載。ニキ・ラウダ、アラン・プロストを王者に導く。1985年で1000馬力以上。TAG名義だがサージタンクの上に小さく「made by PORSCHE」、バイザッハの誇りが輝く。

それはさておき・・・
日野VQシリーズ、以前にもご紹介した事があるが、日野の見越し完成車、いわゆるレディメイド、カタログモデル。運送会社さんの細やかな仕様要望に応える事は出来ないが、同一仕様・大量生産による価格メリット、メーカーに完成で在庫がある為、即納できる納期メリット等、様々なメリットから最近目にする事が多くなりましたね。いすゞではG-CARGO、ふそうはLIMITED等と呼んでいます。

最大積載量は3,100kg、ワイド・ハイルーフ、リアゲート付きと仕様を考えると良く取れている、と思います。ちなみに前回ご紹介の三菱ふそうファイター。

1744_fusou.jpg

こちら、標準幅キャブ、標準ルーフ、と今回の日野車よりも条件的には良いながら、積載量は2150kg。この差は、ボデー架装によるものの差もありますが、シャシ重量の差も大きいと思われます。架装については、前回紹介の通りふそう車はレディメイドでは無く日本トレクスにてしっかり作りこまれたウイングを架装しておりました。
またシャシについては初度登録年の違いによる排ガス対応による重量増もさる事ながら、エンジンの差が大きい。日野のエンジンは「A05」系、排気量5Lの直列4気筒エンジンを搭載しております。一方ふそうは昔ながらの「6M」系、排気量7L直列6気筒を搭載。エンジン単体でふそうが200kg程度重いと思われます。出力はどちらもターボを使用し恐らく200~220馬力、大差はありません。

勿論、常々書いている様にどちらが優れているとか論じているワケでは無く、それぞれの会社にそれぞれの用途があり、またそれぞれの会社に予算等制約条件があり、その中で各社、ベストな選択を為されていると思います。

しかしながらふそうと日野、ちょっと差がついてきたなぁ・・・と考えさせられる、日野+トランテックスの黄金コンビ? VQウイングのご紹介でした。

<おまけ>
先日、上野の国立科学博物館に「深海」展を見に行ってきました。

1746_kagaku-hakubutukan.jpg

少し前にNHKで深海魚の特集を放送していた様で、入場1時間待ちの大盛況。近辺の屋台でエジプト料理を食いつつ待つ事1時間、漸く入場。
内容はテレビで見た、世にも奇妙な深海魚達・・・生きている姿を見られると思ったが、大半がホルマリン漬けで少しガッカリ・・・仕方無いよね、彼らはこの世界では生きられぬ・・・

1747_daikougusokumushi.jpg

訪問の目的の1つ、ダイオウグソクムシ。ぐへぇ~やはりグロい(失礼w その姿は大きなダンゴ虫か、ナウシカの王蟲(オーム)。ネットの世界でも人気物、五年間位、食事をしない記録もあるとか、腹減らないのか?エコな存在・・・一応、撮影OKと記載あり。

久しぶりにアカデミックな時間を過ごす事ができました。
この「深海」展、9月一杯開催されている様で、興味のある方は行かれてみては?
スポンサーサイト

働く車(ウイング)

街で見かけた働く車を紹介するシリーズ。
出張・官憲対応、仕事仕事に追われ久方振りの更新となりました。
気が付けばもう8月、梅雨もとうに通り過ぎました、っても今年は梅雨明け後の方が天気がすぐれず曇りがちの日が続きます。
こうなると子供も折角の夏休み・・・でもプール遊びも出来ず暇しています。で、夏休み課題の「スノードーム」なるものを一緒に作成してはみたものの、空気が入って上手く行かず・・・「ご近所探検」に付き合ってはみたものの、小学生3年生では上手くまとめきれるか心配で・・・

1709_eki.jpg

子供の興味を惹いたもの(その1)、ご近所の駅の変なオブジェ。

1710_eki.jpg

その2、公衆トイレ・・・こんな物でどんな「ご近所探検」記事を作るのか・・・結局、親が泣かされそう・・・
近所の打ち上げ花火の記事でも書いておけよ・・・君が居た夏は遠い夢の中、そんな、空に消えて行った打ち上げ花火の様な親父が贈る第75回目の働く車はコレ!

1711_fighter.jpg

倉庫前に佇むファイター、未だ納車したて、ピカピカの新車の様ですね。フロントバンパーも格好良い、純正のエアダム+エクステンション。丸みを帯びたファイターの、どちらかと言えば優しい感じのフェイスをスポーティに彩ります。

1727_fighter.jpg


側面に廻る、導風板とツライチ、きれいに纏まったウイングボデー。
ステップスカートは純正のまま、エクステンションは付けていない。

1713_fighter.jpg

大きな導風板も純正品、こちらも新形状の三菱E-1型。奥にも同型車が見えますね、2台纏めて買ったのかな?
デビューから既に25年以上、ファイターは4メーカーの中で一番古いキャブを持ちますが・・・グリル、バンパー類等マイナーチェンジを繰り返し“古さ”は感じさせません。
勿論、中身も排ガス対応を繰り返しながら、今なお一線級のパワーと燃費性能を保持しております。

1714_fighter.jpg

巻き込み防止は角スチール2段。ステンレスの物入れと置くに付く・・・

1715_fighter.jpg

燃料タンクは200l×1ヶ。

1716_fighter.jpg

リアオーバーハング(ROH)には4連のチェーン掛けが付く。タイヤチェーンと何故かウオッシャー液(?)がぶら下がる・・・
タイヤチェーンの用意がある、と言う事はこの車両、降雪地域にも行くのでしょうが・・・上の写真にも写る通り、蝶番・ウイングロック類が全てスチール製・・・大丈夫なのかな?降雪地域に行く車両を見慣れた庵には少し不安な仕様ですが・・・まぁ関東の車両だし、タマに雪の降るところに行く・・・位ならこの仕様で充分なのかも?
リアへ廻ります。

1717_fighter.jpg

リアはコンビリフト。以前にもご紹介した事があります。跳ね上げ式扉と、リフト床面で構成されます。

1718_fighter.jpg

下部、コンビリフト床面には接地用テーパーの付いた補強が入る。また突入防止装置には、リフトアーム作動の為の切り込みが入ります。

1719_fighter.jpg

別アングルから。三分割の突入防止が厳しい・・・

1720_fighter.jpg

反対側も、ROHにチェーン掛けが付く、基本的には同じ仕様。

1721_fighter.jpg

巻き込み防止奥のドラム状の物体はDPFマフラー(Diesel particulate filter)、ディーゼル微粒子捕捉フィルター、要はディーゼルエンジンから出るススを捕捉する為のフィルターがマフラーについています。

1722_fighter.jpg

床下、縦根太、横根太ともにスチール。フロア下には防水の為の亜鉛引き鉄板。

1723_fighter.jpg

架装メーカーは日本トレクス。最大積載量は2,150kg。箱の中身が分らないので何とも言えないが・・・少ないww ふそうシャシ+ウイング+パワーゲートだとこんなもんなのか?

実はこのクラス、いすゞ・日野とも4気筒のダウンサイジングされたエンジンがメイン。三菱ふそうのみ過去から使用している6気筒のエンジンを搭載しています。勿論、パワー・トルクとも充分にありドライバーには好評なのですが、積載の面では劣勢になっております。

格好良いのだが、上手く撮れなかった・・・残念・・・ふそうファイターのご紹介でした。

<おまけ>

1724_lotus.jpg

土嚢の奥から覗くカエル顔・・・

1725_lotus.jpg

このルーフからリアにかけての、無視しようとしても、どうしても無視できないライン。

1726_lotus.jpg

やはりコイツは・・・ロータスヨーロッパでなないか?なぜこんな所に・・・・

スーパーカー世代には垂涎の的、サーキットの狼では主人公、風吹裕矢が駆った伝説のマシーン・・・うらやましいな、現車を見ると、その全高の低さにビックリする・・・

食らえ、幻の多角形コーナリング!!

タイヤ交換

先日、自転車を漕いでいたら、リアタイヤから「ダン・ダン」と振動がする、ついにコイツもご臨終か・・・と思いリアタイヤを覗いてみると・・・

1695_tire-koukan.jpg

ありぁ~ぐにゃりと曲がっている・・・この症状、調べるに、空気の容れ過ぎでカーカスが断裂した・・・らしい、との事。そういえばこの前、ダイエーで調子にのって空気を容れ過ぎたか?もうだいぶ磨り減ってきていたし、タイヤを交換しよう・・・仕方無いと思いつつ、この浮き浮きする気持ちは何だろう・・・
タイヤ、何を履かせよう、悩むなぁ(ウキウキ・・・ 庵の自転車ユースの大半はターマックとなる事から、今回はスリックにする事に決定。今履いてるセミスリック(落ち武者タイヤ或いはハゲタイヤ)タイプでも良いんだけど、コーナーで倒しこんだ際、ブロック部分が接地するとハンドリングが急変するのがウイークポイント、ターマックの高速ダウンヒルなんて死ぬよww
「タイヤ」、我々メカドック世代は「ミシュラン」とか「ピレリ」を第一候補に上げるワケです、しかし流石はミシュラン、自転車用っても高いのね・・・あぁ死ぬまでにミシュラン履いてみたい・・・w
逡巡の結果、今回はアメリカ産TIOGAの「city slicker」、ワンランク細いサイズに変更しようと思ったが・・・取りあえず同サイズの26×1.95サイズに決定。

1696_tire-koukan.jpg

ポチった届いた、さて交換だ・・・5月21日、AM7時プレイボール。

1697_tire-koukan.jpg

スルスルっと取り外されたリアタイヤ、今までお疲れさん。

1698_tire-koukan.jpg

特にドラマチックな展開も無くスムーズに交換終了、ヌルっと収まったシティスリッカー・・・でも何となく違和感・・・

1699_tire-koukan.jpg

シティスリッカーってこんなパターンだっけ?10年位前にも履いた事があるが・・・
調べる・・・やっぱり何年か前にパターンが変わっている・・・全体的な印象は同じながら、以前はFORMULA-D98Jの様に滑らかなカーブを描いていた曲線が、今回は直線で構成されている・・・ぐぅコストカットなのか・・・?正直このパターンなら買わんかった・・・

1700_FOR-D98J.jpg

DUNLOP FORMULA D98J。90年代中ごろに流行した、縦溝を持たないサーキット専用の所謂Sタイヤ。今見ても凡人には到底理解出来ないパターンが魅力。以前のシティスリッカーのサイドもこのように滑らかな曲線を描いていた・・・と思う・・・
このD98J、ダンロップのカタログからは落ちているが、ラジコンの世界では未だ現役。

さて・・・と・・・

1701_tire-koukan.jpg

ババーン、何となく送料が勿体無いかな?と思いついでに買ったフロントタイヤ、大体、リアスリックで、フロントセミスリックって見た目からしてオカシイ。で、登場したのがパナレーサーHi-Roadスリック、26×1.75。リアよりワンサイズ細い。バイクとかもそうだけど、フロントが細くてリアが太いと格好良いよね。新車装着を基準にちゃんと買い?何ソレ??こっちはもう40年も自転車転がしているんだ!!性能よりも見た目重視の漢(おとこ)仕様。
こちらも問題無くスポッと脱着完了し・・・

1702_tire-koukan.jpg

装着完了。

1703_tire-koukan.jpg

新品イボイボ。こちらはADVAN HF TYPE-Dの様に、スリックとディンプルを併せたパターン。

1704_advan_hf_type_d.jpg

このHF-type Dにもあこがれたなぁ、実際履いた事無いけど・・・このタイヤのピークは'80年代中頃で、庵が自動車に一番燃えた、'90年代初頭は軽自動車用のサイズしか残っていなかった記憶・・・近頃復刻版が発売されるらしいが・・・正直欲しいww

さて前輪、1.75とリアよりワンランク細いだけだが・・・比べるとかなり細く見える。
こちらもワケも無く交換完了。所用時間はブレーキ調整も含めて1時間弱・・・これからワクワク試乗タイム。

ハンドルを動かすと、ギュギュって、いかにもグリップしそうな音がする。
肝心の走行性能は・・・ペダルを踏むと走り出す、マジで。ちょっと感動。余計なブロックが付いていない分、漕ぎ出しは軽い。
コーナー、落ち武者タイヤより全然良い、しかしギュギュとゴムの擦れる音がする。思ったよりグリップしない・・・マエが若干滑りながらコーナーリングする感覚、車で言うアンダーステア・・・こいつはF1なんかと一緒で皮むきが必要なのか?一つ上の男。オマケに前後異径とした事で、ケツとマエのフィールが違う。これは自業自得、慣れるまでコーナーは少し我慢。

1705_tire-koukan.jpg

ODは6893km。今までありがとう、これからも4649。

と言いつつ、先日6月24日、7,000km達成。

1707_tire-koukan.jpg

自転車近影。

1708_tire-koukan.jpg


1706_tire-koukan.jpg

ご近所でのショット、シティスリッカーのパターンがキマる、フロントのハイロードスリックも熱いww
アスファルトも燃える熱い夏、こいつもカーカスが出るまで攻めるぜ!!

働く車(ダンプ)

街で見かけた働く車を紹介するシリーズ。
久方振りの更新となりました。仕事に小突き回され気が付けばもう5月も中旬、ゴールデンウイークはとっくに過ぎ去って、もう夏になろうか?と言う天候が続いております。
先日、足利のフラワーパークに行ってきました。

1680_ashikaga.jpg

正に見ごろ、フラワーパークに現れた見事な藤棚。普段は鉄道写真しか撮らないカメラもここぞとばかりに、本領を発揮します。

1681_ashikaga.jpg

うなりを上げるCMOSセンサー。総天然色の金襴緞子。自然の持つ、本来の色彩美を余すところ無く映し出す・・・白藤も良いが、藤と言えばやはりこの藤色。まるで葡萄と見まごうばかりにフサフサと咲き誇ります。・・・全く、若い頃は花なんぞ、気にも留めなかったのに・・・年をとったのか、最近はこういう自然モノも少し気になる。コメリホームセンターなんて誰が行くんだ?と思っていたが、今では思わず吸い込まれる、そんな気持ちも良く分る・・・様な気がする。「草木なんてダサいぜ、親父」とか言ってごめんよ!オラももう、立派な親父だよ(号泣  草木の世話は面倒だが、いつかは庭付きの邸宅に住んでみたい、そんなアパート住まいの中年親父が贈る、第74回目の働く車はコレ!

1681_fv-dump.jpg

黒い塗装にバンパー、グリル、コーナーパネル、ミラーカバーと一通りメッキも決まったスーパーグレート、ハイルーフですね。非常に格好良い。ISO10スタッドホイールを履いている事から、2010年頃のモデルと思われます。スーパーグレートもつい先日、フルモデルチェンジしましたね。旧モデルのイメージを引き継ぎつつも、先進安全装備をふんだんに取り込んだ新世代のモデル、これで大型4メーカーとも新モデルが出揃った事になります。

1682_new_supergreat.jpg

新型スーパーグレート、四軸低床車。見ろ、このスタイル、これでふそうはあと10年闘える!?
さて話しを戻して、と・・・

1683_fv-dump.jpg

サイドビュー、ハイルーフにドアガーニッシュを付けたキャブ。

1684_fv-dump.jpg

もうワンカット真横から。ハイルーフ、羨ましいなぁ・・・中で立ってお着替え出来るんだよね。額縁の化粧煽り、自動シートはグレーの生地。

1685_fv-dump.jpg

縞鋼板を用いた2段の巻き込み防止装置。燃料タンクはアルミ製300L。ベッセル下部にステンを巻き、マーカーを取り付けるのは当地区の流行か?他のダンプでも見た事有り。
リアへ回ります。

1686_fv-dump.jpg

素晴しい、これは安産型、四角い形の良いお尻・・・で無くて角底ダンプの良いテール・・・庇の付いたフラットなリア煽りに角型三連のスカイラインテール、きっちり付いてるリアバンパー、テンション上がります↗↗

1687_fv-dump.jpg

先ずはどうしても目が行く大きな庇。当地区ではレアな装備であり、中々目にする事は出来ないが・・・やはりダンプのリアを引き締める。

1688_fv-dump.jpg

反対側からも・・・良く観察すると、ヒンジ上げで高さマシした煽りの上の縁に庇が付いているんですね。

1689_hisahi1.jpg

こちらは別の車ですが・・・ダム式にヒンジを上げているが、煽り自体は高さを増さず、正位置(と言うのか?)。庇も正位置の上縁に付く。

1690_hisahi2.jpg

もう一例、高さマシマシした煽りと一段下がった位置に付く特大の庇。一口に「庇」と言っても色々な種類がありますな。

話しを戻します。

1691_fv-dump.jpg

下部にステンを貼った泥除けゴムと振れ止めのチェーン、角型三連のスカイラインテール、縞鋼板のフェンダー等注目すべき点が多いが・・・今回、一番見て欲しい部分はリアバンパー上部の三角加工と取付ステーに貼られた三角形の板。
ダンプアップし荷降ろしした際に土砂がどうしてもバンパーやステーの上に乗って残ってしまいます。これが走行中に落下し、後続の車両に当り損傷させてしまう・・・ソレを防ぐ為の加工、バンパーは上部を尖らせ、またステーは滑り台状に加工し、土砂が乗らない様に工夫しております。一見無愛想なダンプですが本当は気遣いの出来る優しい娘なんですよ。

1692_fv-dump.jpg

右側も基本的には左と同じスタイル、二枚板の巻き込み防止とフェンダー、何れも縞鋼板製。自動シートはコボレーン。

久しぶりの庇付き、三菱ハイルーフダンプのご紹介でした。

<おまけ>

1693_signal.jpg

住宅地の中の信号機。用途を失った後も立ち続ける・・・

1694_signal.jpg

赤と青の二つの目、初夏の青空に何を想う・・・

働く車(バン)

街で見かけた働く車を紹介するシリーズ。
咲きましたね。こちらは3月25日。近所で咲いた桜。咲き始め、周りの樹は未だ「つぼみ」って段階でありましたが、何故かこの一本だけ花が咲いていました。

1659_sakura.jpg

あんまりにもキレイなので持って帰ろうと思うが「桜切るバカ、梅切らぬバカ」の通り桜は鑑賞するだけに留めておかなければいけないワケで・・・
嫁さんにも見せてやろうと思って「桜が咲いたから見に行こうよ」と誘っても、ゲームで忙しいからダメとの回答・・・「一狩り行く」前に、折角、近くに春が来たんだから桜くらい見に行こうゼ。
全く・・・少し前まで自然になんて関心無かったのに、いつから花なんぞを愛でる様になったのか?我が身の変化を驚きつつ、またそんな自分を嬉しくも思う。まぁTOKIOだってダッシュ村で自然と戯れてるんだし少し位は良いよね。リーダーの手の震えが気になるが、同じアラフォー・アラフィフ、ご同輩。若い頃は敵わないが、40越えれば皆同じ・・・ジジィ・オッサン十把一絡げ・・・そんな、ダッシュ島開拓に、トロッコをもっと活用しろよ!と思うオッサンが贈る、第73回目の働く車はコレ!

1678_PURAMODERU.jpg

三菱ふそうスーパーグレート、だいぶ草臥れていますね。導風板を被っているものの、塗装がハゲ落ち錆びさび。使用環境の厳しさを物語る・・・ミラー下側にステーが無い、所謂「スーパーミラー」装着車でありますが、速度表示灯の無いところ、グリル・ライト周りの形状から、その最初期、2003年位のモデルでしょうかね?

1661_ft-van.jpg

少し角度を変えて・・・おぉこれは庵の大好物、前二軸タイプのバンでは無いですか!?それも第二軸が後退した車両総重量(GVW)23.5tタイプ。少しテンションが上がります↑↑

1662_ft-van.jpg

反対側・・・大好きなのに・・・駐車位置の関係で、この車両の魅力を最も良く伝える「真横」からのショットが撮れないのが辛い・・・

1663_ft-van.jpg


後側に荷物を積む、だから後側にタイヤを足せ!←自然の摂理、良く分かる。
後側に荷物を積む、だから前側にタイヤを足せ!←良く分からん?
自然の摂理に反した“前二軸”と言う既に特殊な形態なのに、更に前後軸が後退しているという“異形”さ。

1664_ft-van.jpg

それなのに、GVWが23.5tまでしか取れない“理不尽”さ。こう言った特徴が、一部のトラック好きを惹きつけて止まないのです。
(前二軸で、他の多くのトラックの様にGVW25tが成立しない理由は、’12年6月16日付、及び’12年10月26日付の記事に記載しておりますので興味のある方はご参照下さい。)
でも・・・多くの幹線輸送車両は後二軸にスイッチしている様です。高速道路を走っていても見かける機会も少なくなった様に感じます。写真の三菱ふそうは既に前二軸のスーパーグレートは生産しておりません・・・残念。

1665_ft-van.jpg

キャブから後ろのショット。これだけ見ると何がなんだか良く分らないですね。前後軸のタイヤが目玉オヤジに見えてくるww

1666_ft-van.jpg

前々軸から前後軸を眺める・・・恐らくインターネット中を探しても、こんなアングルで撮った写真は無いだろう・・・

1667_ft-van.jpg

前々、前後軸(第一ホイールベース)間についた丸パイプ3段の巻き込み防止装置。タイヤ(前)後端から40cm以上何も無ければ巻き込み防止が必要、ってなワケでこのタイプには小さな巻き込み防止が必要となります。

1668_ft-van.jpg

前後、後軸(第二ホイールベース)間。エアタンクの上はバッテリー、その後ろに大型の物入れが2ヶ。スチール製、シャシ赤と同色に塗られています。

1669_ft-van.jpg

リアオーバーハング(ROH)には四連のタイヤチェーン掛け。この様にチェーンは広げて掛ける。北国に行くと良く見る光景ですが、関東近辺ではあんまり見ないですね。

1679_PURAMODERU.jpg

リアに回ります。
ロックバー2対。扉蝶番5対。何れもスチール製。ステップらしきものが付いています。

1671_ft-van.jpg

架装メーカーはトランテックス。ご存知の様に日野の子会社。三菱ふそう+トランテックスは珍しい・・・ワケではありません。ヤマト運輸の下請・傭車先等では良く見られる組み合わせ。この車両も前二軸の車両を使っている辺りと併せて考えると、そんな感じかな?と思われますが・・・箱も車もシンプルだしね・・・

1672_ft-van.jpg

プラットフォームクッション(当たりゴム)、縦と横に・・・赤い泥除け、この辺はシャシ赤と相まって良いチェイスと思います。またフェンダーに付く黒い泥除けゴム、消えかけていますがトランテックスの文字が・・・

1673_ft-van.jpg

左第二ホイールベース間に付く燃料タンク、200L+200L。

・・・さてこんな所ですが、今回はフロアも見てみましょう。

1674_ft-van.jpg

ハイ、ちょっと失礼しますよ、っと・・・
赤いフレームとその上に乗る縦根太、その上にクロスするのが横根太。いずれもスチール製です。フロアの下面には水の浸入を防ぐ為、亜鉛引きの鉄板が貼られております。
この辺は大型故の仕様でしょうかね?2tクラスでは木製横根太、フロア下の亜鉛鉄板は貼らずに耐水合板を使用して済ませる事が多いと思います。

1675_ft-van.jpg


角度を変えて、スチール根太と亜鉛鉄板の様子が良く分かる・・・かな?
キレイですね。外観の草臥れ具合と裏腹に、未だ錆びの出ていないフレーム。中古車なら年式を考えれば上の下位かな・・・失礼・・・それにしてもこのスチール根太。ご覧の形状の通り水吐けが悪く、コマメに洗車しないと直ぐに錆びて穴が空いてしまいます・・・雪国の融雪剤は車泣かせなのであります・・・

1676_ft-van.jpg

最大積載量は12,100kg。三菱ふそう前二軸、ドライバンのご紹介でした。

<おまけ>

1677_PURAMODERU.jpg

暇をもてあましているのか?何やら製作中。上手くできたらご紹介、失敗したら無かった事にww


Appendix

プロフィール

サイゼリ庵

Author:サイゼリ庵
スパゲッティ
ダブルサイズで
腹いっぱい

トラック野郎たち

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR